法定相続人とは誰のことですか?

2016年 01月08日

Q3
基礎控除額の計算の法定相続人とは誰のことですか?

A3

被相続人が亡くなったときに、相続する権利がある人をいいます。亡くなった人の配偶者は常に法定相続人になります!
内縁関係では相続人にはなれませんので注意が必要です。その他に法定相続人となることができるのは直系卑属、直系尊属、兄弟姉妹となります。

 

Q4
直系卑属、直系尊属、兄弟姉妹なら必ず相続人になれるのですか?

A4
配偶者以外の法定相続人については順位が決まっています。

 

 

順位  相続人
 

配偶者

 

・被相続人の夫と妻は常に相続人となることができます。

第1順位

直系卑属

 

・子,子が亡くなっていて孫がいれば孫が相続人となります。
・養子でもなることができます。
・胎児も生きて産まれれば相続人です。
・婚姻関係にない間の子も認知を受けていれば相続人になります。

 

 

 

第2順位

直系尊属

 

・第1順位の相続人がいない場合は、父母、祖父母などの直系尊属となります。
・父母が死亡している場合は、祖父母がいれば、祖父母が相続人となります。
・実父母も養父母も相続人になります。
第3順位

兄弟姉妹

 

・第1順位も第2順位もいない場合は、被相 続人の兄弟姉妹が相続人となります。
・兄弟姉妹が亡くなっていれば、その子(甥 や姪)が相続人となります。